katana 刀

MENU

メンバー

MEMBER

様々な分野での突出した能力と、顧客の成長への強い情熱を持つメンバーたちの一部を紹介します。
それぞれの取組では、刀に在籍するさらに多彩なプロフェッショナルたちから最適なチームを編成し支援いたします。

森岡毅 森岡毅

森岡毅Tsuyoshi Morioka

代表取締役CEO

日本を代表する戦略家・マーケター。高等数学を用いた独自の戦略理論、革新的なアイデアを生み出すノウハウ、マーケティング理論等、一連の「森岡メソッド」を導入し、経営危機にあったUSJをわずか数年で劇的に経営再建した。
日本のP&Gでブランドマネージャーとしてヴィダルサスーンの黄金期を築いた後、P&G世界本社(米国シンシナティ)へ転籍、北米パンテーンのブランドマネージャー、ヘアケアカテゴリー アソシエイトマーケティングディレクター、ウエラジャパン副代表を経て、USJ入社。同社CMO(チーフ・マーケティング・オフィサー)、執行役員、マーケティング本部長を務める。

USJ再建の使命完了後、2017年、マーケティング精鋭集団「株式会社刀」を設立し、「マーケティングで日本を元気に」という大義の下、数々のプロジェクトを推進。USJ時代に断念した沖縄テーマパーク構想に再び着手し注目を集める。
NHK『プロフェッショナル 仕事の流儀』、テレビ東京『カンブリア宮殿』など、TV、新聞、雑誌、メディア出演多数。また、ビジネス書のベストセラー作家としても著名。主な著作に『USJのジェットコースターはなぜ後ろ向きに走ったのか?』、『USJを劇的に変えた、たった1つの考え方 成功を引き寄せるマーケティング入門』(「第44回ビジネスブックマラソン大賞」、「ビジネス書グランプリ2017マネジメント部門賞」)、『確率思考の戦略論 USJでも実証された数学マーケティングの力』、『苦しかった時の話をしようか ビジネスマンの父が我が子のために書きためた「働くことの本質」』がある。
著書紹介
今西聖貴 今西聖貴

今西聖貴Seiki Imanishi

シニアパートナーインテリジェンス

市場構造の解析および需要予測モデル開発運用における世界の第一人者。高等数学を極めた多角的な定量分析力と、他の追随を許さない圧倒的な実務経験に根差した仮説構築力で、ビジネス戦略のあるべき焦点を鋭く洞察する。森岡とは長年に渡る盟友であり、二人のライフワークである「数学マーケティング」の共同研究開発パートナー。2017年、森岡・立見らとマーケティング精鋭集団「株式会社刀」を設立。高度なビジネス・インテリジェンスを 進化させ続ける刀の「切り札」として中心的役割を担う。
シンシナティ大学大学院理学部数学科修士課程修了。P&G入社後、日本の市場調査部で抜群の実績を上げたのち、P&G世界本社(米国シンシナティ)へ転籍。

160か国を超える市場でビジネスを展開するP&Gの中枢において、世界各国にまたがって有効な需要予測モデルの開発、世界中の市場分析・売上予測をリードした、元P&Gの世界最高頭脳。量的調査における世界屈指のスペシャリストとして長年に亘り第一線で活躍した。その後、森岡の招聘によりUSJにシニア・アナリストとして入社。ハリー・ポッターエリア導入の需要予測において高い精度でアテンダンス増を的中させ、経済界を驚かせた。また、USJのインテリジェンス部門(調査分析機能)の組織能力開発を牽引し、わずか数年でUSJをマーケティング分析ができる会社に変貌させた。
代表著作に森岡と共著のベストセラー、「確率思考の戦略論」がある。
著書紹介
森本咲子 森本咲子

森本咲子Sakiko Morimoto

シニアパートナーマーケティング

卓越した洞察力に基づく「消費者理解力」を武器に、新たな消費者価値を生み出し続ける消費者マーケター。マーケティングおよびエンターテイメント分野におけるコンセプト・プロダクト開発の第一人者として世界屈指の実績と経験を持つ。森岡が絶大な信頼を寄せる突出したマーケティング能力は刀の中でも異彩を放つ。
P&Gでは、化粧品ブランドSK-IIで、商品開発から広告・販売戦略まで担当、全世界で発売される数々のヒット商品を手掛けSK-IIブランドのグローバルな急成長を牽引した。その後、森岡の招聘でUSJに転職し、マーケティング部長に就任。

ハリー・ポッターなどの新エリアや、フライングダイナソー(ジェットコースター)などの新アトラクション、ハロウィーン・クリスマスや日本のコンテンツを集めた期間限定イベントなどの企画・開発・実行を担うチームを率い、USJ の消費者体験価値に隔世的な向上をもたらした。
2015年日経WOMAN ウーマン・オブ・ザ・イヤー受賞。
加藤健史 加藤健史

加藤健史Takeshi Kato

シニアパートナープランニング&オペレーション

オペレーション、ファイナンス、マーケティングの3領域をマスターした稀有なプロフェッショナル。とりわけ最前線でのオペレーション最適化ノウハウに精通し、その領域では他の追随を許さない日本の第一人者。広領域を網羅する独自の専門性を武器に、川上から川下まで一気通貫で実現段階におけるリスクを未然に洞察し対処、戦略戦術の勝率を劇的に向上させる。
USJではパーク開業一年前より、新規アトラクションを複数立上げ、高効率なオペレーション開発に従事。その後、飲食部門・物販部門にてビジネスアナリストとして売上予測モデルやレイバーコントロールモデルを開発。テーマパーク・飲食業・小売業におけるオペレーションのスペシャリストとして第一線で活躍。

その後、ファイナンス企画部門にて全社予算策定業務や現場部門への業務改善プロジェクトを推進する傍ら、中国の新規テーマパーク事業者に対してテーマパークのマーケティング・運営ノウハウに関するコンサルティングサービスを提供。2012年より新規ビジネス開発担当として沖縄での新パーク開発プロジェクトのリーダーに着任し、同プロジェクトを推進した。
阿部一貴 阿部一貴

阿部一貴Kazuki Abe

エグゼクティブ・ディレクターマーケティング

マーケティングと営業双方の組織トップの経験に加え、世界最先端のデジタルマーケティングノウハウを活かし、ブランド戦略・実行プラン・組織づくりを卓越したリーダーシップで実現するプロフェッショナル。慶應義塾大学総合政策学部を卒業後、P&Gにてパンパースのブランドマネジャーとして劇的な国内シェア成長を牽引。その後モルソン・クアーズ・ジャパンのマーケティング・ディレクターとして、黎明期のクラフトビール市場に新ブランド「ブルームーン」を投入、またメキシコビール「コロナ」の巨大音楽イベント”Corona SUNSETS FESTIVAL”を立ち上げそれを核としたビーチ・カルチャーブランドの全方位リステージを牽引するなど、日本のプレミアムビール市場において急速なブランド成長を実現させた。

その後同社にて実行の核となる営業組織のトップに就任し、マーケティングと営業をハイブリッドさせた組織改革を行い、同時に複数の小売店・業務店・流通企業との企業横断のプロジェクトを実施。小売店のビール棚利益効率改善に貢献しつつ、自社ブランドの販売シェアも拡大させた。その後、世界最大のSNSであるFacebookに入社し、リーチから態度・行動変容の全ファネルにおけるPeople-Based Marketingのプロジェクトを推進し、数々のソリューションのリリースや組織デジタル化プログラムを実行した。
田村考 田村考

田村考Koh Tamura

シニアパートナーマーケティング

冷利な頭脳と豊富な実務経験を武器に、事業の開発から戦略策定、戦術実行まで、一気通貫して指揮を執れる全能型マーケター。またデジタル黎明期から、自社WEBメディアやソーシャルメディアを組み合わせた革新的なコミュニケーションに先駆的に取り組み、デジタルの影響を大きく受ける現代の消費者を対象としたコミュニケーションデザインにも高い知見と経験を持つ。
10年にわたり広告会社にて武田薬品、IBM、NTTグループなどのマーケティングを担当。 メーカーと流通によるビジネスアライアンス組成の支援から、マスプロモーション、CRM、デジタルマーケティングまであらゆる領域を駆使しクライアントのビジネス成長に貢献。

USJに参画後は、ブランディング&コミュニケーション、プロダクト開発のマネージャーを歴任したのち、デジタルマーケティングチームを率い、マス・PR・デジタルが三位一体となった認知形成および購買行動を変革させるコミュニケーションモデルを完成させた。ハリー・ポッターエリアのローンチ時には、当時国内最大となるソーシャルメディア上での露出を創出し、社会現象を巻き起こした経験を持つ。
佐藤大介 佐藤大介

佐藤大介Daisuke Sato

エグゼクティブ・ディレクタープランニング&オペレーション

オペレーション、マーケティング、組織マネジメントにおける高い知見を、理論と共感力を武器に現場に実践として落とし込み、経営破綻した大規模リゾートを複数蘇らせてきたリゾート再生請負人。産学官連携協定締結など地域との密な関わりも得意とし、施設単体の魅力向上と収益性向上にとどまらず周辺エリア全体での価値向上も実現させる。三井物産で人事、交通プロジェクト、ニューヨーク駐在を経たのち、株式会社星野リゾートに移る。青森県の古牧グランドホテル(現:星野リゾート 青森屋)、奥入瀬渓流グランドホテル(現:星野リゾート奥入瀬渓流ホテル)では、破綻翌年から総支配人として、ブランドコンセプトの転換から組織・オペレーション・マーケティング全ての改革でリーダーシップを振るい、短期間でトップ温泉旅館へのV字回復を達成する。

その後、星野リゾート・トマムのトップとして雲海テラス・アイスビレッジなどのプロダクト改革、短期アルバイトスタッフからトップマネジメントまでの一気通貫での組織風土改革、インバウンドプロモーションの変革を進め、北海道ナンバーワンリゾートの一つへと蘇らせた。星野リゾート取締役に就任しグループマーケティング統括本部長、海外運営統括本部長を歴任した後、森岡の志と刀の組織風土に強く共感し刀の一員に加わる。青森県総合計画審議委員、岩手県経営支援アドバイザーなども務める。
堀要子 堀要子

堀要子Yoko Hori

スペシャリストマーケティング

ブランド開発からコミュニケーション戦略立案、TVCMやPR等のプラン開発に至るまで、ブランディング&マーケティングコミュニケーション領域における卓越したノウハウを持ち、世界中のP&Gマーケターへの教育を担っていた、世界屈指のプロフェッショナル。
P&Gではウィスパー、アリエール、ヴィックス等様々なカテゴリーでのブランドマネジメントを担当後、SK-II初のグローバル・マーケティングディレクターとして、新製品開発やアジア・欧州・北米を含む新市場開拓をリード。P&Gグローバル全体で選ばれた数十名のみで構成される、ブランディングおよびコミュニケーションの社内教育を担うエキスパートグループに所属する。3年間のシンガポールアジア本社勤務を含め、P&Gの世界中のマーケターへの教育をリードした。2018年 株式会社刀顧問就任。

立見信之 立見信之

立見信之Nobuyuki Tatsumi

シニアパートナーファイナンス

企業が継続的に成長するための構造的優位を作り出すため、包括的な視点から企業の改善点に怜悧なメスを入れ、成長機会を捉えて戦略化するファイナンスのプロフェッショナル。2017年、森岡の志に共感し、マーケティング精鋭集団「株式会社刀」を森岡・今西らと設立。刀のプロジェクトでは、戦略構築能力・ファイナンス能力で顧客の企業価値向上に中心的役割を担う。
ロンドンスクールオブエコノミクス修士課程卒業後、三井物産入社。三井物産戦略研究所で新規事業立ち上げのプロジェクトマネジャーを務める。

その後、ボストンコンサルティンググループに移り、消費財メーカーの海外進出案件や外資系エンタテイメント企業の通信事業進出などのコンサルタントを務める。その後、USJに加入し、企画部長として全社レベルの中期戦略および資本政策の企画立案と実行を牽引。経営難のUSJにおいて困難を極めた投資とリターンのファイナンシャルマネジメントをリードし、森岡や森本が展開するマーケティング革命を内側から支援し、USJの劇的なV字回復に大きく貢献した。
北浦範子 北浦範子

北浦範子Noriko Kitaura

シニアパートナーファイナンス

財務諸表やバランスシート、現場の運営ポジションまでを徹底的に分析し、経営資源配分の適正化と経営計画を策定する戦略プランニングのプロフェッショナル。さらにクリエイティブ、建設、マーケティング、人的リソースが複雑に絡み合う大型プロジェクトのコスト管理においても、国内屈指の実績と経験を持つ。
大手小売チェーン企業での新規事業としてホテルグループでの財務や経営分析を担当後、外資系製薬会社に移りファイナンスコントローラーを務める。USJでは全社予算管理・財務企画分析から、適切な資源配分をリードし、パークのV字回復のファイナンス基盤を作り上げ、周辺土地開発等の新規事業ファイナンスも手掛けた。

その後、数百億円規模となる大型新規開発プロジェクト部門のファイナンス・管理統括ディレクターに就任し、プロジェクトのファイナンス・人事・アドミニストレーションの全てを統括。過去最大プロジェクトであるハリー・ポッターエリア建設では、450億円のプロジェクト予算の管理に責任を持ち、プロジェクトの成功を導いた。
橋本貴範 橋本貴範

橋本貴範Takanori Hashimoto

エグゼクティブ・ディレクターファイナンス

市場の構造分析と財務分析を一体化して捉える定量化分析アプローチを用いて、企業が抱える経営課題を解決に導くファイナンスのプロフェッショナル。公認会計士。得意とする高等数学を駆使した定量予測ノウハウと企業経営への実務参画経験をミックスすることにより森岡が提唱する「数学マーケティング」を実践し、クライアント企業の成長戦略を描く一翼を担う。
東京大学農学部卒業後、会計BIG4系監査法人にてキャリアをスタート。リーマンショック後の混乱期において、会計監査の一環として金融商品の公正価値評価検証業務への従事を通じ、金融工学をはじめとする数理モデルの実経済適用の経験を深める。その後のキャリアにおいて外資系重電メーカーのファイナンシャルコントローラー・日本国内での新法人設立時の財務オペレーション責任者、会計BIG4系列ファームでの事業再生コンサルタントなどを歴任。2019年、株式会社刀に参画。

中嶋啓之 中嶋啓之

中嶋啓之Hiroyuki Nakajima

シニアパートナーブランド&ライセンス

クリエイティブ・コンテンツや業界パートナーとの強力な人脈を構築し、人とアイデアとタイミングを繋げることで価値創造を実現する「ネットワークマーケティング」における日本屈指のプロフェッショナル。さらに持ち前の共感力から繊細な人間心理を洞察する質的分析力に優れ、消費者インサイトを鋭く衝くことで人の心を動かす、刀においても屈指の「マーケティング・コミュニケーション」のプロフェッショナルでもある。USJ時代から、森岡の描く戦略を実現する「懐刀」として活躍。
慶應義塾大学経済学部を卒業後、外資系広告代理店を経て、USJに入社、2015年より同社のコンテンツ開発室長に就任。

コンテンツ企画の責任者として、ハロウィーン・ホラーナイト、ユニバーサル・ワンダーランドなどのヒットプロダクトや多くの強力なクリエイティブ・コンテンツとのコラボイベントなどを次々に開発してV字回復に決定的な貢献をした。中でも2015年に実現させた日本を代表するブランドをパークに一同に集めた「ユニバーサル・クールジャパン」は、インバウンド及び全国から新たな集客層を創造し、冬のパーク閑散期をも吹き飛ばすほどの大ヒットとなった(2016年AMDアワードで「総務大臣賞」を受賞)。
松下教子 松下教子

松下教子Noriko Matsushita

シニアパートナーエクスターナル・リレーションズ

パブリシティ領域において、随一の知見と対応力を持ち、戦略策定から戦術実行まで、豊富な実務経験を武器に、一気通貫して指揮を執れるExternal Relations(ER)のプロフェッショナル。上智大学文学部英文学科卒業後、金融業界に入りロンドン本社で1年勤務。帰国後は日本株ワラントディーラーとしてキャリアを積む。香港に留学の後、独立系映画配給会社に入社し海外マーケットでの買い付けおよび、配給・広報を担当。2000年にUSJ入社。2001年のUSJの開業立ち上げから一貫して広報で多種多様な実務体験を積む。2010年広報チームを再編成したExternal Relationsを率いて、マス・PR・デジタルと連携し、強烈な認知獲得、理解促進の一端を担った。

特に2014年7月、ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)の「ウィザーディング・ワールド・オブ・ハリー・ポッター」の導入においては、その2年前から綿密なPR戦略を立案、実行し、開業時にはUSJのグランドオープン時を超えるパブリシティ露出を創出し、社会現象を巻き起こした。同時に、パブリシティを通して、成長企業としてのUSJコーポレートの認知と信頼獲得にも貢献。
濵武広士 濵武広士

濵武広士Hiroshi Hamatake

エグゼクティブ・ディレクターマーケティング

消費者理解から、ビジネス企画・ライセンサー交渉・プロダクト開発・オペレーション計画・コミュニケーション開発・価格戦略までを一気通貫でやり遂げる万能マーケター。東京理科大学理学部を卒業後、プロダクション会社でアニメ制作のほか上場企業の販促企画から2002 FIFA World Cupなどの全国規模のイベントまでのプロモーション企画制作や運営を手がけた。その後、USJに入社しマーケティング担当者として、数々のシーズンイベントやアトラクションの企画・開発から運営まで従事。テレビアニメ「ワンピース」のライブショーでは、体験満足度99%まで体験価値向上を達成しながら、革新的な価格戦略を組み込んで数年で10倍までトップラインを伸ばす実績をあげ、USJのV字回復の大きな一端を担った。

複数の異なるコンテンツをまとめた新イベント「ユニバーサル・クールジャパン」では、複数ライセンサーとの複雑な交渉を伴うコミュニケーション戦略をリードし、テーマパーク業界では今まで誰も成しえなかった冬の閑散期の活性化に成功、ハリー・ポッター導入後の勢いをさらに加速させた。また、パーク外ビジネスを狙った大阪城イベント等の新規事業では、不確定要素が多く難易度の高いプロジェクトリーダーも任され、数々の問題を粘り強く解決しながら見事実現へと導いた。
髙島亜也 髙島亜也

髙島亜也Aya Takashima

エグゼクティブ・ディレクターディベロプメント&コンストラクション

クリエイティブのアイデアを実際の世界で作り出す建築のプロ、一級建築士。特殊法人勤務時代に培った建築基準法をはじめとする建設関連法規への深い理解と、英国生活で培った交渉力をもつ行政交渉のプロでもある。
住宅金融公庫(現住宅金融支援機構)の技術職としてキャリアをスタート。分譲住宅の技術審査などを担当した後、都市再生法に伴う住宅金融公庫法の改正、都市再開発への融資開発に携わる。その後、英国のオックスフォード・ブルックス大学に留学後、英国の建築士事務所で地方都市再開発プロジェクトなどを経験。

日本帰国後、USJに入社しハリー・ポッターエリアやフライング・ダイナソーなど、大型の新規投資案件プロジェクトチームの建築部門責任者として強いリーダーシップを発揮し、全てのプロジェクトを世界最高の品質を有する完成に導く。
近藤正之 近藤正之

近藤正之Masayuki Kondo

エグゼクティブ・ディレクターマーケティング&プロダクション

マーケティング、プロダクション、オペレーションの3領域にわたって実績を積み上げてきた、テーマパーク体験創出のプロフェッショナル。 USJではパーク開業一年前より、新規アトラクションを複数立上げ、運営に携わると共に、パーククルーとゲストの接点におけるサービスクオリティを飛躍的に向上させた社長直下プロジェクト「マジカルモーメントプロジェクト」もリード。競合施設とは一線を画す、クルーのマインドや行動規範の開発・実践に成功。その結果、クルーによるゲストサービスが、リピート来場を促進する要因として人気アトラクションを上回るまでとなった。その後、マーケティングチームへ移り、USJの数々のヒット企画を戦略から開発、運営に至るまでリードし、ヒットメーカーとして内外に知られる存在に。

大ヒット作となったジェットコースター「バックドロップ」や「フライングダイナソー」、そして、「妖怪ウォッチ」、「バイオハザード」、「体感型謎解き脱出ゲーム」など、前例のない形態のアトラクションやイベントの企画を次々と成功させ、USJの劇的なV字回復およびゲスト満足度の飛躍的向上に貢献した。